こんにちは!新車を買おうか悩んでいる佐藤です。

私はドライブが趣味で、土日はいつも車で遠出をします。それに、仕事の出勤時も車を使うので、常に車を運転します。

そんな私の愛車も来年で3年目になり、そろそろ車検の時期にも入るのですが、買い替え時かなって思っています。
車の平均的な寿命は12年程度と言われているので、大事に乗っていれば結構長い間乗り続けることができます。

しかし、12年乗ってしまうと売る時の値段がかなり安くなってしまいます。

手放すなら高く売れるうちに手放そうというわけですが、だいたい車検が来るときに買い替えてしまいます。
毎回新車を購入したいと思っているので、今の車を手放した時の買取金額をそのまま新車の頭金にするのが常ですね。

これまで新車を買う際に下取りしてもらうことが多かったのですが、車好きの会社の同僚に聞いてみると「下取りよりも一括査定の方が高く売れるよ」って言われました。

ただ、一括査定だと買取金額を一旦現金で受け取った後、そこからさらに新車を選びに行かないといけない手間があるので、悩んでいます。

なので、これまで通り下取りしてもらうのが良いのか、手間をかけてでも一括査定を利用した方が良いのかを調べていこうと思います。
もし本当に一括査定の方が高く売れるなら、それは一括査定の方が良いですもんね。

一括査定は使ったことがないので、詳しいことは把握できていないです。
メリットやデメリットも全然知らなくて、これから調べないといけないんですけどね(笑)